<   2017年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

カーペンターズ

ちょっと前に放送されたアナザーストーリーズのカーペンターズの回を見ました。
活動期間は14年間だったらしいけど、老いも若きもたぶん彼らの音楽は知らない人は少ないでしょう。

初来日のときに、時間がおしてしまい、大トリの彼らの出番になったときに終電の時間となりお客がゾロゾロ返ってしまったのに、8曲歌いこなし文句も言わずにアメリカに帰っていった話、それを見て、ディレクターが「絶対彼らの歌を1位にして見せる」と決意した話。音楽づくりやピアノの天才だった兄とボーカリストとして天才だった妹。そして完璧主義だった兄と妹は、レコードと同じクオリティをライブでも完全再現するべく、常に「カセットテープレコーダー」を持ち歩き、忙しいから移動時間中に音をチェックして完璧を目指していたらしい。(新幹線のグリーン車でもそれをやり、音が大きいと車掌さんに注意されたらしい)実際にこれほどのクオリティでライブしていたグループは他にないでしょうと関係者が言っていた。
兄は完璧な演奏を求めて不眠症になり睡眠薬が離せなくなり、妹カレンはそれに加えて体型に悩み、拒食症になり結局心不全で亡くなる。

「この不完全な世界で完璧を求めている。そしておばかさんなことに、それが見つかると思っているの」

という「青春の輝き」の歌詞は、学生時代から一緒にジャズバンドを組みのちに彼らの作詞家となるジョン・ベティスという人が、カレンに暗示的に向けて書いた詞だと言っていた。
完璧を求めた故に、あれほどの歌が生まれ多くの人に愛された。
彼らはしあわせだっただろうか。あれほど完璧を求めなければ、もっと楽に楽しく生きられたのに。
と多くの人は思うけど、私は、これが彼らの選んだ道であり、あの時点で完璧を求めないという選択肢はなかったと思う。
結果的にカレンは命を削って短く太く生きた。
これでよかったとは決して思わないけれども、こうするしかなかったのかもしれない。
世の中は皮肉なもので、こういうケースは枚挙にいとまがない。
カレンの歌声は、この番組に出てきた全員が言っていたけれども、個性的にしようとか上手く歌おうとかせず、心のあるままにまっすぐ歌うことで、人の心にそっと寄り添うことのできた歌声だった。それはカレンの内面から発せられるものだったと言っていた。
番組中に「青春の輝き」や「Close to you」が流れたが、心が乾いているときに聴くこの歌声は沁みた。ものすごく沁みた。涙がこぼれた。カレンやリチャードの思いを知った上で聴く二人の音楽は心にそっと入り込み、やさしさと穏やかさで満たしてくれた。
この番組を見てよかったと思った。

[PR]
by yoshi_hisaM | 2017-05-31 23:58 | Comments(0)

知らないことが色々

夜所用で車を走らせていたら、ラジオからカウンターテナーの歌声が聞こえてきた。
藤木大地さんという方だった。
1曲目の「旅のこころ」という曲。めちゃめちゃいい曲だった。
このかた、宮崎出身で、もともとはテノールだったが、新国立劇場デビューしたのち、カウンターテナーに変わったらしい。
素晴らしい声で魅了された。
カウンターテナーといえば、米良美一さんも宮崎出身。
宮崎には、いい声楽家を育てる環境があるのかもしれないな。
カウンターテナーの歌を今まであまり聞いたことがなかったけれど、とてもよかった。
今まで知らなかったのが残念。もったいない。
大きなホールでのコンサートももちろんいいが、小さなホールでサロンコンサート的なものはソロの声楽のコンサートにはぴったりだ。伴奏はピアノだけ。いいなぁ~

[PR]
by yoshi_hisaM | 2017-05-30 22:57 | Comments(0)

あんなにはなれないナ

先日ママ友さんたちと話していて感じたこと。

とにかく正しいことはいいことで、熱心なのがいいことで、発言することは素晴らしいことで、気が利かないことは悪いことで、口数が少ないのは良くないことで。

私はこういう考え方が苦手です。
私が真逆なだけに、居場所がなくなる。
じゃない人間は、じゃあどうしたらいいの?

なんかなー、なんかなー
単純明快に説明のつかないことだってあると思うし、それぞれの事情だってあるし、そんなに一つの物差しで断定していいの?っていつも仄暗く裏を見るひねくれものの私は、ついていけないことがある。

健全でエネルギッシュ。
眩し過ぎる。

母親だって葛藤があるはず。言葉に出せない悩みだってあるはず。一刀両断に言われたくないことがあるはず。
と思うのは、私が自分というものを正当化するための老獪な企みなんでしょうか。

[PR]
by yoshi_hisaM | 2017-05-29 23:34 | Comments(0)

特に何もない一日

地震のときに出しっぱなしにしていたミシンにタンスが倒れて以来ずっとミシンの調子が悪くていつも手縫いだったが、やっと復活できたので、今日は嬉しくてバッグインバッグに取り掛かった。
久しぶりのミシン。この音や感触が懐かしい。
何処が悪いかわからないまま、とりあえず可能なところまで分解して、もう一度組み立てた。
1回目はモーターのエラーが出てさすがにヤバいと思ったが、気を取り直してもう一度イチから組立直してみたら生き返ってくれたようだ。
よかった。
もう少しで新しく買い直すところだった。
ミシンでできるものかわからないけど、古い名古屋帯を半幅帯に仕立て直したいと思っている。

お天気続きでカラッとした、日の長いこの時期の夕方が大好き。
今日は5時からたこ焼きと枝豆と餃子で早々とビール。
こんなすごし方をしている自分に大満足。
ゆったりと、のんびりと、日の高いうちからB級グルメの類で一杯やるのは、ある種の憧れである。

[PR]
by yoshi_hisaM | 2017-05-28 23:21 | Comments(0)

ジャニごと

地元で行われる、嵐のワクワク応援団は、『小中学生3~4人+保護者1人』で申し込むものらしい。
息子をうまく丸め込んだらもしかしたら行けるんじゃないかと淡く期待したけど、息子の友だちで行きそうな子は一人もいないわ。
そもそも、6月25日って、中体連の試合やってますよきっと。部活男子はぜったい無理だーー
知事がコメントの中で「企画してくださったジャニーズ事務所に感謝します」と仰ってて、なんだか嬉しかった~~
力が大きいゆえに、叩かれることの方が断然多いこの事務所。
なかなか真正面からこうして言ってもらえるってないですからね…

今日、NEWSは和歌山。MCレポちらっと読ませてもらいました。

他人にとって恰好の餌がまかれると、人が元々持っている負の部分が目を覚まし、悪意に満ちた憶測が多くなるけれども、それをはねのけるだけの強い誠実さで、完膚なきまでに打ちのめしてくれることを願っています。


[PR]
by yoshi_hisaM | 2017-05-27 22:24 | Comments(0)

今日のあさイチを見て

今日のあさイチ、ゲストは加藤一二三さん。
ひふみん、やっぱり好きだな。
頭の回転が速すぎて口が追い付かない感じ。
既視感があると思ったら、昔の同僚で二人いた。全く同じ感じの人が(^_^;)
そのうちの一人は自らそのことに気づいていたが、話すことも字を書くことも頭の回転に追いつかず苦労していたっけ。
というようなことを歯医者で思い出していたら、その歯医者さんも同じグループの人だった(笑)
いつも時速80㎞くらいでしゃべっている。とにかくずっと喋っている。
そして常に3~4人の患者さんを並行して診ている。それぞれの衛生士さんからの質問にそれぞれちゃんと答えている。
患者さんに話すときには時速60㎞くらいに話す速度が落ちることもあるが(たぶん、これが先生の最低速度)、普段の雑談ではときどき時速100㎞の時もある。今日も通常運転だった。絶好調、あ、絶口調だった。
話が逸れてしまった。
ひふみんは、心がまっすぐできれいで、チャーミング。自分を大きくも小さくも見せようとせず、ある意味赤子のよう。
好きなことに一所懸命でわき目もふらないところが実にいい。
「与作」が仲のいい夫婦の歌ということを今まで気づかなかった。
「ニルスのふしぎな旅」のVTRを見入る表情が愛情に満ちていてとてもステキだった。
そして、有働さんとイノッチが、どんなに可愛らしいひふみんであっても、将棋界で長いこと活躍した名棋士の加藤一二三さんであることを忘れず敬意を払い、しかし遠慮もせず、まっすぐに話を聞いていて、的確なツッコミもあって、何よりよかった。
聞き手が誠実なのでツッコミが嫌みにならない。ひふみんの話が長くなってもちゃんとわかりやすくまとめてくれる。
ゲストに敬意を払う。このまえの少プレ見て少しチクッと感じたことがあったけど、これですよ!
ゲストの方をまっすぐに見、敬意を忘れず、必要以上に媚びることはなく。そして率直であってくださいまし。

[PR]
by yoshi_hisaM | 2017-05-26 23:46 | Comments(0)

人生のわな

元KAT-TUN.
元って言葉、どういう場合に使われるものなんでしょう。
ジャニーズは、案外厄介です。

そして、映像に出てくるのが、タトゥ―ばりばりのやつ。
わざと辱めてる?他にもいい写真があるだろうに。
今が3世紀なら、あの時代の男性は体じゅうに入れ墨をいれるのが通常だったらしいから、目立たなかったでしょうが。
まだ確定じゃないしこの件についてあまり言いたくないけど、彼は決して悪い人じゃない印象があるので、どうか歪んだ報道にならないようにお願いしたいです。

テゴちゃんの件は、ネットのニュースで知りましたが、詳細はわからないし、そもそも報道も偏向気味だから鵜呑みにはしないけど、どうも利用された感が否めない。

この二人、お人よしというか、何か無防備過ぎる気がする。人を信じすぎるといいますか。
でも、そういうところが好きな人は多いはず。
私もそう。やんちゃするけど憎めない。芸能人は、そんなに優等生じゃなくてもいいんじゃない?
優等生を求めるのは、現実世界だけでいい気もする。
実際には、完璧にアイドルをこなす人もいれば、枠にはまりきれない人もいる。
どちらも魅力があると思います。

[PR]
by yoshi_hisaM | 2017-05-25 23:59 | Comments(0)

マンチェスターの事件を見ていると、対岸の火事とは思えない。
日本もそのうちああいうことが起こらないとも限らないと、やっぱり思う。
ああいう人から見れば、コンサート会場なんて標的にするには好都合だろう。

最近、昔過激派で罪を犯した人が見つかったり死亡したりしたことで、そういう物騒な時代があったことを私たちは忘れていて、この国がずっと安心安全な国だと勘違いしていることに気づく。

共謀罪、とりあえず抑止力になるような気がする。

[PR]
by yoshi_hisaM | 2017-05-24 23:34 | Comments(0)

ぬいでますだ

びてきのますだくんにはこまったもんです。
なにをするにもあの肢体がめにやきついてはなれません。
いままでかたくなに露出をいやがっていたようにみえていたますだくんにどのような心境の変化があったのでしょう。
そんなこと、しるよしもなく。
そんなこと、どうでもいいことで。
みせてくれた、そのことがすべてです。
んあぁぁ、かっこいい。。。
からだだけじゃなくて表情もあんなにいやだったながいまえがみも。
うしろすがたなんぞたまりませんな。

何キロも泳げて、泳いだ後爽快感が味わえるっていいだろうな~
私はせいぜい50メートルしか泳げないからうらやましいです。

いつもの色白の肌ではなく、あの肌の色、本当?加工?
色白より筋肉がわかりやすいですね。
最近息子も腹筋が割れていて「ふむふむ」と思うことがあるんですが(意味不明)
さらにすごい腹筋を拝ませていただき感謝感激でございます。

それにしても、この雑誌、この2ページ以外で読むとこないな。
私は自分の美に関してとうの昔にさじを投げているし、そもそもほぼ最初から参加をしてないので、1ミリも興味がない。

というわけで、速攻スクラップして本体は明日の紙ごみに直行。ごめんなさい。

[PR]
by yoshi_hisaM | 2017-05-23 23:16 | Comments(0)

いろいろ

明日は必ず本屋さんに行くこと(自分用メモ)
みなさますでにごぞんじですよね。びてきのますだですわよ。

えーっと。
東京に行くときには、必ず他のもセットで楽しもうというコンセプトで色々詰め込むんですけど、今回は他のコンサートや舞台は日程的にちょうどいいのがなくてザンネン。
で、開催中のものとか長年の懸案で行きたいのは
・エルミタージュ美術館展
・大英自然史博物館展
・迎賓館赤坂離宮
・落語
このうち、二つぐらい行ければいいかな。あまり無理しない程度に。


えー、さて。
関ジャニの野外での映像ちらっと見ました。
なんかなー。ちとうらやましいぞー
何が?って両方ですよ。
関ジャニも、何も知らずにその野外に行ってた客も。
そして、「アイドルグループやらせてもらってます・・・」と挨拶したとか。
それがいいよね。
あくまでも、ジャニーズのタレントでアイドルであるというスタンスは忘れないでいてください。


[PR]
by yoshi_hisaM | 2017-05-22 23:26 | Comments(0)