美学

白鵬の通算最多勝ち星の記録が単独1位になりましたね。
今日も立ち合いに変化したような…チョット粗い相撲だったような…
玉鷲との一番でも、相手を流血させてましたし…
勝ちがほぼ決まってからのダメ押し。これも余計。
我が家では、これは横綱の相撲なのか?と極めて不評なのです。
勝てばいいってもんじゃないんですけどねー
白鵬に焦りがあるのかなー
琴奨菊は、大関でがんばっていたものの、今は小結。それも7敗で踏みとどまっていますが、もし負け越したらおそらく前頭。今後がすごく気になります。

なぜ、こんなに相撲の話をするかというと、以前に録画していたETV特集「加藤一二三という男、ありけり。」をやっと今夜見て、思うところがあったから。
内藤国雄九段が尊敬を込めて仰っていました。「横綱が十両にまで堕ちても続けているようなもの。そういう力士はいないでしょう。」と。
刀が折れ矢が尽きても戦い続ける美学。
退き際を美しくというのもありですが、むしろこうして現役にこだわり続ける姿勢に感動しました。
引退が決まったあとも、現役を続けるための数少ないチャンスにかけての一戦。(そのときはカキフライ定食フライ二個増量)
77歳にして、あの折れない気持ちとまっすぐな心。真摯な姿勢。ピュアな精神。
面白い逸話に目がいきがちですが、ひふみんの魅力は本当はそこじゃないことがわかります。
佐藤天彦名人との一局でのBGMのメンデルスゾーンの交響曲第3番も感動。その例えが、佐藤名人の解説とともになるほどなぁと思いました。内に秘めた闘志から始まるというくだり、合点がいきます。
私は、この曲をiPhoneに入れていて、仕事帰りによく聞いていました。
そして、思い通りにいかないこと(周りに対して、自分自身に対して)を悲しみ悔み憤怒の涙を流し(実際は泣いてないケド)、そして2楽章で癒される、という流れ。(ちょうどその時間に自宅に着いてしまう)
あれ、話が逸れてしまった。

人間、自分の美学をもって、「これだけは譲れない何か」を持つことが、人を尊く美しくさせると感じました。
グダグダのダラダラの私が、ちょっと目が覚めました。
これは永久保存版。



[PR]
# by yoshi_hisaM | 2017-07-21 23:55 | Comments(0)

ゆかた

ネットに転がってた、まっすーの浴衣姿を見ました。

か・かっこいい~
あの浴衣は、なんていう生地だろう。。。最近こんなことばかり考えてる(^_^;)
浴衣姿ももちろんですが、女性の下駄の鼻緒を伸ばしてもらうために下駄をはこうとしているところ。
手も足もなかなかですな♡
和服が似合うから、もっと年中着てほしい。
和服の雑誌のモデルとかどうかしらん。
そしたら、和服に興味を持つ人がマスマス増えるかもしれない。
これから先海外の観光客がさらに増えるだろうし、日本人がその前にもっと親しんでおきたいですよねー

浴衣を着たときのそれダメ、近々浴衣を着る用事があるので、参考にしたいと思います。


[PR]
# by yoshi_hisaM | 2017-07-20 23:13 | Comments(0)

現役か否か

芥川賞と直木賞が発表されましたね。
直木賞受賞の佐藤正午サンは、若いころよく読んでいました。懐かしい…
デビュー作の「永遠の1/2」など何度読んだことでしょう。友だちにもずいぶん貸した記憶があります。(貸したというより無理やり読ませた感じでしょうか)
最近は、目もショボショボしてきて、集中力もなくなって、本を読むスピードがずいぶん落ちて、老いを実感する日々。
そういえば、日野原サンがお亡くなりになりましたが、「高齢者」ではなく「老人」という言葉をつとめて使おうとしていらしたと新聞にありました。
「老」という字には「成熟した」とか「知恵のある」という意味があるとのこと。
「高齢者」は単に歳を重ねた者という意味にしかならず、無味乾燥な感じはします。
私も高齢者まっしぐらではありますが、「○○老人」「○○老女」などと呼ばれるのも悪くないなぁと思う今日この頃。

という考えをあらたにしたのは、先日の音楽の日のこと。
いまだにファンでいてくださっている吉田さんがテレビに出ていることを好ましく思わない方も多くいるようで、その気持ちがあまりわからない私は、この違いは一体何なんだ?と暫く考えていたんです。
結局、女としての現役感の違いなのではないか。
私はとうの昔に、いいえ、実は若い時から、ふりかえるとこどものときから、女性として現役感にウスイ人ではありました。
周りが女性バリバリなのに対して、ずっと気後れしてた。そういうレースには最初から参加してなかった。
だから、吉田さんを見ても、可愛いなぁ有り難いなぁ、くらいしか思わない。自分はそこにはいないから何とも思わない。
好ましく思わないのは、同じ一線(一戦と言ってもいいかも)に立っているからじゃないでしょうか。

私はもう女性じゃない。○○老人でやっていこうと思っているんだなと自覚したのです。
特にそっち方面は一度も土俵に上がらずに早々に引退しました(^_^;)
それが私の性分に合っているし、楽ちんです。

[PR]
# by yoshi_hisaM | 2017-07-19 22:56 | Comments(0)

このままで

夕べから、今日19時半までエキサイトブログのメンテナンスがあったようで、ログインできなかったので結局ブログ更新せず。
日付を後から直して毎日というやり方もあるけど、それじゃ毎日更新にはならないので堂々とサボりましたーー(^^)/

うーんと、脱臼のほうは、ウッカリ動かしてしまったり、ぶつけたりした時だけ痛いもののたぶん快方に向かってます。
なにせ歳が歳なんでね、遅いとは思うんですけど(^_^;)
子どもの骨折は、病院の先生が「さすが10代の回復力はすばらしいですねー」と仰ってました。
先日当番医の先生から行きつけの整形外科の先生に紹介状を書いていただいたんですが(別に頼んでなかったけど書いてくれた)いつも息子の付き添いで来ている私が「冷蔵庫の角にぶつけて脱臼」で受診するって、若干恥ずかしい(笑)
ま、でもいろいろお世話になってて、そそっかしいのはおそらくバレてるから、今さら取り繕ってもね。
オバちゃんはオバちゃんらしく。
おっちょこちょいはおっちょこちょいらしく。
私はこのままでいきます。

[PR]
# by yoshi_hisaM | 2017-07-18 23:37 | Comments(0)

愛想をつかしてウン十年

冷蔵庫のカドに右手小指をぶつけて、イタタと指を見てみたら、第2関節のところで外側にきっちり90度に曲がってたので、気持ち悪くて、気がついたら、左手でその関節をクイッと元に戻してました。
痛みが増してきて腫れてきたので、整形外科の休日当番医に行き、予想通りの「脱臼」
「上手に成型できてますよ」と褒められた(笑)
骨がコロッとハマった気がしましたからね(^^)/
小指の脱臼は、隣の薬指と一緒に添木のようなもので固定し包帯を巻くのでケガの割にはオオゴトみたいに見えます。全治3週間とのこと。
利き腕の指2本が使えないので何をするにも不便。ああ、それなのに、食事の用意も食器洗いも掃除も洗濯も洗濯物たたみも要するに家事すべて、親指を骨折中の息子は手伝ってくれようとしますが、無傷のオットはワレ関せず。
自業自得なんで、私も手伝ってとは言えず。
でも、この一貫した態度、凄いな――とだけ思う。
基本的に、困ってる人がいたら助ける、ってのが完全に欠落してる人なので期待はしませんが、こういう時に出ちゃいますね。人間が。
息子が父親似じゃなくてヨカッタ!
もしくは、父の姿を反面教師にしてくれてヨカッタ!

キーボードを打つのも結構大変ですが、それより、休日にケガや病気は大変です。
どうぞみなさまお気を付けくださいませ。

[PR]
# by yoshi_hisaM | 2017-07-16 22:58 | Comments(0)